« 乙カレー | トップページ | No,130『秋本 光一』 »

2009年3月18日 (水)

No,129『泰麒』

第129弾投入。
十二国記強化期間。
今回は、十二国記もう一人の主人公といってもいいであろう御子。極北の厳寒国家・戴の麒麟<泰麒(たいき)>をば。

Photo
わぁーい。
よし、可愛い。よって全て許す。

はい、さて泰麒。
十二国記は十二の国の王と麒麟の物語、と申し上げました。先の中嶋陽子が王ならば、こちらは麒麟である。
中国神話に登場する神獣・麒麟とはやや概念がことなり、十二国記における麒麟は、見かけは額に角を持ち、たてがみの長い馬である。が、その霊力が尋常ではないため、人の姿に転変することができる。むしろ、麒麟は普段は人間の姿で生活し、王の補佐を勤めるのである。
が、麒麟の存在意義は何よりも「王の選定」にある。
十二の国の王は、それぞれの国の麒麟のみが選ぶことができる。麒麟は王気と呼ばれる気配を感じることで、その者を王に選ぶのだ。
この戴国の麒麟・泰麒は、陽子と同じく十二国記世界に生まれながら現実世界……日本のことは蓬莱と呼ばれているが、その蓬莱で人の子として育った胎果と呼ばれる存在である。十歳の年に、十二国記世界に呼び戻される形で行くことになったが、それ故に十二国記世界の常識に疎く、麒麟としての使命や本性についても理解が薄い。その事が主因となって、王の選定の際に一悶着あるのが、この泰麒の最初のエピソード「風の海 迷宮の岸」である。
この章では、麒麟の使命についての話を通じて十二国記世界の仕組みや成り立ちについて、いろいろな謎がちりばめられているのだが……
そんなことはどうでもいい(byシュバルツ・ブルーダー)
泰麒が可愛い。これがこの話の全てだw
ロリキャラやツンデレキャラ声優として名高い釘宮理恵さんが、この優しく無邪気で、ちょっと不安げな幼子を熱演。殺人的可愛さである。
あ、ちなみに泰麒は男の子ですんで。後に成長した泰麒も出てくるんですが、声優さんは岡野浩介さんとなっております。成長後の泰麒は、とある理由によりひじょーーに暗い性格をしておいでなので、そこに岡野さんの演技がまたはまっているのだが。
追加。普通、十二国記世界の麒麟の髪は金色である。泰麒の場合は、極稀に現れるという黒い体毛とたてがみを持つ「黒麒麟」なので、人間の時の髪も黒くなっている。

PhotoPhoto_2Photo_3


次回予告。
中原さんキャラクター70個目。
やってしまおう、名探偵コナン強化期間。
早速使わせていただく。工藤新一、中学二年の春、出会うはおばあちゃん子なエリートサラリーマン。

|

« 乙カレー | トップページ | No,130『秋本 光一』 »

コメント

ぐわっ!!
泰麒のかわいさにノックアウトされました!!
かわいすぎる〜〜!!
もうですね、陽子の将来よりもず〜〜っと、泰麒の将来のほうが気になるんですよ!!
王様はどこに行っちゃったの〜?!
あんなかわいい子を残して…。

上里さん、グッジョブです!
今回は本当にメロメロになりました〜!!
さらって逃げたい〜!!

そして次回はあのお方ですね。
早速ご採用いただいて光栄です。
あのナチュラルな演技がセブンイレブン限定なんて、もったいないですよね〜!!

投稿: 史 | 2009年3月18日 (水) 22時20分

隻腕の李斎と共に旅立った、泰麒の今後が気になって仕方ないですわ……頼む、小野さん、早く、早く続きをぉ。
ともあれ、チビ泰麒はかなり完成度高くできてよかったとです。
さて、よさげな男キャラ2つを続けたので、今度は女性キャラへいきましょうか。
蘭玉か祥瓊か、あるいは珠晶か。

メールのお返事をしておりませんですみません。無事にDVDお預かり、拝見しました! まさか新一中学生のエピソードとは思わず……なにやら蘭のセーラー服姿に異様な違和感を覚えたというのが、第一の感想だったりします。
いや、しかしコナンの中原さんは、毎回微妙に違う方向性のキャラですね~。秋本さんは、私の大好きな「普通」な中原さんで、結構ツボでございました。

…しかし、☆船長さんが一足先に紹介を公開、タイミングがかぶりましたね(^^;

投稿: 上里幸助 | 2009年3月19日 (木) 23時39分

上里さんのコメントを見て、☆船長さんのページを見に行きました。
ほんとだ!
まあ、同じDVD回してるんだから(笑)。
何なら、十二国記女性キャラを先にしても…。
ちなみに私、マニアックですが、塙麟が好きです。
あの哀しさと儚さが美しいですね。

投稿: 史 | 2009年3月20日 (金) 16時06分

塙麟いいですねぇ。最期の失道しながら塙王の前に立ちはだかった、病んだ姿が好きな私はダメかw
アニメに出てきた他の麒麟だと、廉麟もいいですね。冬馬由美さん好きなせいでもありますが。
原作にいてアニメで出てない麒麟は、氾麟と宗麟だけ……これも声とか姿とかいろいろ想像してしまいますねぇ

投稿: 上里幸助 | 2009年3月20日 (金) 23時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No,129『泰麒』:

« 乙カレー | トップページ | No,130『秋本 光一』 »