« No.238『帷湍』 | トップページ | No.240『少春』 »

2010年5月30日 (日)

No.239『小泉 宏紀』

第239弾投入。
中原さんキャラクター117個目。
今回は、ちょいとホラーなグロアニメ「ダークキャット」より、ン根暗少年<小泉 宏紀(こいずみ ひろき)>をば。

Photo
ほほーん。
おぅ、これはいいできだ。病的な暗さが見事に出た表情再現。
ま、この方も資料が少ないのでイメージは固まりにくいのだが。

さて、小泉宏紀。
ダークキャットは、魔性と戦う化け猫たちの話。漫画が原作なようなんですが、ネット上には詳しい資料が出てこないので詳細をつかみにくい。
OVAが一巻出ており、漫画のいくつかのエピソードをまとめて一つにして映像化したもの。そこでこの小泉くんが登場する。
主人公の化け猫は、元・白虎隊隊士。死の際に闇猫なる猫に乗り移ったことから、百年に渡って魔性と戦うことになったらしい。で、その主人公猫・影崎が魔性の影を感じ取った学校にいたのが、小泉とその幼馴染でエピソードのヒロインである愛美。
小泉は無気力、根暗。学校では不良にいじめられ、家では引きこもり、電気をつけない部屋でひざを抱えていたりする。まあ振られたのがきっかけらしいんだが。
で、愛美は幼馴染の小泉のことを少なからず想っており、そのことから心に魔性を生み出してしまう。
最初はあまりの暗さから、小泉のほうが魔性じゃねえかとおもわせつつ、明朗快活なヒロインのほうが魔性というこの鬱な展開。
最後は身をはってヒロインを救ってはくれるんですが、そこまでの暗さと振られた女への未練タラタラ感が小泉の見所ですかねぇ。私の大好物である、中原さんの極限の声が聞ける。

ちなみに、ヒロインの愛美ちゃんの声、久川さんだった。

Photo_2Photo_3Photo_4




次回予告。
十二国記「東の海神 西の滄海」編。
蓬山が女仙、延麒の世話係。

|

« No.238『帷湍』 | トップページ | No.240『少春』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No.239『小泉 宏紀』:

« No.238『帷湍』 | トップページ | No.240『少春』 »