« No.261『SAMURAI 7・タイトル』 | トップページ | No.263『はんせんボン』 »

2010年8月27日 (金)

N0.262『梨耀』

第262弾投入。
十二国記「風の万里 黎明の空」編2。
今回は、シリーズきってのSキャラ、翠微君<梨耀(りよう)>をば。

Photo
きょえー。
うむ、このキッツイお顔がまあいい具合に再現できたとは思います。
女性キャラでの難所である唇の表現も、まあまぁかな。
飾り物がわりと上手くいっているので、細かいところがよく見えるので救われてはいるが。

さて、梨耀様。
なんとなくこの方も様をつけないと落ち着かない。
才国の仙人で、翠微洞なる隠所の主。二代前の采王・扶王の寵愛を受けた女性で、扶王の王朝が傾きかけるのを必死に支えたという内助の功を見せた人物なのですが……最後は、その扶王によって遠ざけられてしまい、以後隠棲している仙人です。
さあそこからが大変だ。というか、もとからなのかもしれませんが、隠居してからの梨耀様は我侭放題。下男下女たちに無理難題を申しつけてはいびっているという、凄まじいドSぶりを発揮。
そしておよそ100年前、朱旌の一座に保護されていた鈴と出会い、梨耀と言葉が通じることに感激した鈴が下女にしてくれと頼むのを聞いてあげるんですが、まあこれも梨耀様にしてみれば、いいいびり相手が見つかったという感じでして。
仙籍から外されれば言葉が通じなくなるという恐怖に怯える鈴を、ことあるごとにいびり続けて100年。すさまじいお方だ。
耐え切れなくなった鈴が采王に庇護を求めると、その采王・黄姑と面談しに現れ、黄姑に諭されつつも、もういいや的な発言を残して鈴を置いていくということで、一応出番終了。
しかしその後、鈴の成長に伴い、梨耀の辛辣な態度も、彼女なりの苦しみのものかもしれないという背景が見えてくるんですが……ともかく、作中ではそのドSぶりが目立つ珍キャラです。

そしてなぁ、声が高山みなみさんというこの選択。
高山さんといえば、言うまでもなく名探偵コナンの江戸川コナン他、少年役の鉄板声優さんですが、この妖艶な強気女性というのも型にハマるんだわ。

Photo_2Photo_3Photo_4




次回予告。
中原さんキャラクター122個目。
元のネタからかなり発展というか暴走したシリーズものより。
反戦野郎。

|

« No.261『SAMURAI 7・タイトル』 | トップページ | No.263『はんせんボン』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N0.262『梨耀』:

« No.261『SAMURAI 7・タイトル』 | トップページ | No.263『はんせんボン』 »